矯正歯科に行くことで歯並びが綺麗になります


歯並びは歯の矯正することで治ります。

以前と比べてもあごが小さい人が増えているために、歯並びが悪い人が増えています。



歯が生えるスペースが少なくなっているためで、ずれて生えてしまうのです。



矯正歯科に行くことで、専門の器具を使って徐々に歯を動かすことによって歯並びを治せます。

矯正歯科に行くと事前に話を聞くことができるので、最初から一ヵ所に選ばずに複数の矯正歯科に行って話を聞くと良いです。
歯の矯正には時間が掛かるためで、子供のときには骨が柔らかいために短い期間で終わりますが、それでも2年程度掛かります。

大人の場合には、骨が硬くなっているため、少しずつ動かさないといけないために、4年程度必要になってきます。
それだけ負担は大きなものなので、納得をした形で矯正すると良いです。

矯正するにはワイヤーを取り付けるのが一般的ですが、ワイヤーは周りの人からも目立つので、コンプレックスの原因になります。

現在では、そのワイヤーの色や器具の色が透明になっているので目立ちにくくなっていることや、歯の裏側からもワイヤーを通すことが可能になっているので、表側からは矯正していることが気付かれないようになっています。

その他にもマウスピースを使って矯正することも可能なので、透明で取り外しも可能なので、衛生的にも良いです。



矯正歯科は最初は頻繁に通う必要がありますが、徐々に頻度は少なくなってくるので、負担も少なくなってきます。