ホワイトニングの種類と方法


日本人の歯の色は、少し黄色が入った白ですが、年齢と共に黄色が濃くなっていくという特徴があります。

コーヒーやカレーなど、着色性のある飲食によっても色は濃くなりますが、自然に白くなるということはありません。

あなたのご要望に応じたNAVERまとめに関するお役立ち情報サイトです。

白い歯は健康な証拠ですが、きれいな印象も与えることができます。

ホワイトニングは、歯を白くするための治療として歯科医院で受けることができます。



歯の色が黄色いのは病気ではないので、保険は適用されません。



ホワイトニングの治療は、大きく分けて二種類あります。

オフィスホワイトニングは、歯科医院で歯科医師が行う治療です。

患者さんは診療台の上に寝ているだけで、何もすることはありません。


歯の色を確認した後に、歯茎を守るジェルを塗り、歯に漂白作用のある薬剤を塗布していきます。
薬を塗り終えたら、特殊な光を当てて薬の成分が浸透しやすくしていきます。
照射が終わったら、お口の中のジェルを拭き取り治療は終わります。

この治療は高濃度の漂白成分を使うことができるので、一回の治療で歯を白くすることができます。

もう一つの方法は、ホームホワイトニングと呼ばれていて、歯型に合わせたマウスピースを作り、その中に専用の薬剤を入れ自宅で装着します。

薬剤の濃度は歯科医院のものより低いですが、毎日継続して使うことで、歯科医院と同等の白さにすることができます。

結婚式前など、短期間で白くしたいときは、両方の方法を行うデュアルホワイトニングをすることもあります。