矯正法の種類とそれぞれのメリット・デメリット


今や、歯並びを治して、美しい歯並みを実現することは、当たり前の時代になってきました。

それだけに歯並びが悪い方は気になりますし、コンプレックスの元となってしまうこともあります。

それを解消してくれるのが、矯正です。

矯正にはいくつかの種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

一般的な矯正法について、見ていきましょう。最も一般的な方法は、歯の表側からブラケットを装着して、歯並びを修正するというものです。


技術的にも難しくありませんし、歯を動かしやすいというメリットがあります。

費用も一番リーズナブルです。デメリットはとにかく目立つことで、人によっては口元が気になってしまうでしょう。



目立つのがイヤ、という方には歯の裏側からブラケットを装着する方法もあります。

これですと、周りからはほとんどブラケットを装着しているのが分かりません。ただし、表側から装着するものよりも費用が高額になることと、舌がブラケットに当たるなどして、違和感を覚える方がいるという点が、デメリットです。
そして、今最も新しい矯正法として注目を浴びているのが、透明のマウスピースを利用する方法です。

T-SITEに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

やはり見た目にはほとんど分かりませんし、自分で外すこともできますので、歯の手入れも楽です。


金属アレルギーがある方でも安心して利用することができます。ただし、取り外し可能なことから外している時間がつい長引いてしまい、肝心の矯正治療が進まない場合があります。



また、歯を抜く必要があるほど凹凸の激しい方には不向きな治療法と言えます。
やはり美しい歯並びは初対面の印象を決める、大切なポイントです。

自分に合った方法を探して、理想の歯並びを実現しましょう。