コピー機リースとレンタルについて

紙の文書のデジタル化は近年すすんでいるところですが、それでも紙の文書がまったくなくなってしまうことはありません。

改ざんが容易なデジタルの文書とは異なり、紙の文書には領収証や契約書をはじめとして、昔から高い信用力が認められている上に、長年の習慣はなかなか変えられないこともその理由です。このような紙の文書を必要な数だけすぐに同じものを作成することができるのは、文明の利器ともいえるコピー機のメリットであり、今後とも職場のなかで活躍することはまちがいがないでしょう。コピー機といっても最近の製品は性能が昔よりもすぐれており、それだけに白黒コピーの機能しかない旧機種よりもかなりの高額になってしまうことが多いといえます。したがって中小企業などにとっては導入にも一苦労がありますが、それを可能にする手段がリースやレンタルのしくみです。

コピー機のリースは最初にリース会社が顧客の条件をふまえてメーカーから製品を購入した上で顧客に提供し、毎月のリース料金をもって精算するかたちとなります。いっぽうでレンタルのほうは、レンタル会社がすでに在庫としている製品をそのまま顧客に貸し出し、毎月または日割りでのレンタル料金を徴収するのがふつうです。そのため数年がかりで長期使用するのであれば、リースのほうが安価になりますし、メンテナンスなどもあわせて契約できるので有利です。逆に短期間だけ使用するのであれば、レンタルのほうが途中解約などの制約もないので好まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *