コピー機種類別、リース価格の相場

学校や会社・役場など、毎日数多くの書類を必要とする施設ではコピー機を頻繁にしようするものです。

1枚の原稿から何百枚という複写を可能としており、昨今ではパソコンデータの印刷もダイレクトにおこなえる複合機能を有しているものまであります。日本でコピー機が使用され始めたのが1970年代後半の高度成長期で、それ以降国内だけでなく世界各国で事務用品の筆頭という立場に君臨し続けている機器です。コピー機は1台あたり約70万円もする高価な機器なので、購入するよりもリースをする方が経済的なものといえます。コピー機のリースサービスを提供している会社は、2020年5月時点で全国に約4、100件あります。

特に首都圏や大阪といった大都市に会社が集中している傾向ですが、これらの地域のリース価格の相場は1か月あたり約3、000~6、000円です。この機器の種類によって価格が異なっており、一般的な白黒・カラー印刷に対応しているものが約2、900円・レーザーコピーが約3、500円・複合機が約5、500円となります。どの機種もコピーをするという目的は同じですが、プラスアルファの機能を備えた機種はリース価格が高くなる傾向です。レーザーコピーの場合は写真やカラー印刷が美しく、コピーを短時間でおこなえるという特徴があります。複合機はコピーだけでなくFAXやパソコンデータの読み込み等にも対応しており、1台でさまざまな用途に使用できるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *