コピー機のリースは毎月の印刷枚数で選ぶ

コピー機をリースするとき、業界で最安値など色々な業者もあってどこの会社でどの機種を選べばいいか迷います。

この金額は本体価格だけで、別に保守料金のランニングコスト代がかかります。業務用だから安くて使えればいいと思っていても、安易に値段や予算だけ導入すると後から余計に費用がかかったりします。会社に最適な機器を選ぶときに重要なのは月間印刷枚数にあった機器を選ぶことです。機器の違いは1分間に印刷できる印刷速度で、これが早いほど高額になり遅いと低価格になります。そのため自社の月間印刷枚数にあってないと機能ばかり高すぎて高いコピー機のリース代を支払うことになります。中でも高額な料金を支払っていることに気が付かずにこれが相場だと思い込むことです。

全く初めてで予想がつかないときは500枚が基本になり、これは業務用を導入するときに最低限想定される月間印刷枚数で、起業したばかりならこの数字を上回ることは少ないです。月間印刷枚数をあらかじめ把握しておけば、どれくらいのコピー機をリースすればわかるため業者に言われるまま、スペックが高すぎるものを借りる心配もなくなります。また、サービス会社は修理を自社で行っているところがよく、これは会社が責任をもってお客と長く良い関係を築きたいという姿勢があります。ビジネスでの信用度が高まりますし、自社だと他の業者へ委託してないので何か問題が起きても素早い対応が可能となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *