コピー機・複合機のリースとは

コピー機・複合機の導入には、購入、レンタルする以外にリースという方法があります。

購入するほどお金をかけたくないという場合には、まずリースでコピー機を導入することができます。リースの場合、初期費用がかからない、アフターサポートがつくという利点があります。また、レンタルに比べてリース料金が全額経費となり、減価償却や固定資産税が発生しません。レンタルよりも毎月の支払い金額が安くなります。さらに、購入した場合の償却事務税の申告納付保険の手続きなど、管理事務処理を全て契約会社が行なってくれます。中古製品を主に扱うレンタルと異なり、新品の最新機種を導入できます。近年の最新のデジタル技術に合わせ次々に新しい機能が登場していますが、そういった最新機能を利用することも可能です。デメリットとしては、途中で解約できないこと、契約会社の審査が必要ということが挙げられます。

また、個人利用が基本できなません。個人事業を行っているのであれば可能ですが、審査が存在しますので、実質最低でも3年は事業を行っていなければ利用することは難しいです。長期利用する場合は、実際に購入したよりも割高になってしまうということも考えられます。所有権がないため、契約期間満了後は本体を契約会社に返却する必要があります。契約会社との連携を密に取らなければならないため、事務所の移動があった場合にはいちいち連絡をとらなければならないという煩わしさもあります。ただ、新しい機種が使える、サポートがあるなどの利点も多く、コピー機・複合機のリースを使っている企業は数多く存在します。予算や自分の利用範囲に合わせて選択しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *