コピー機のリース料金は保守料金も注意

コピー機はリース料金以外に保守料金がかかり、これは機器の維持費となります。

印刷するたびにかかるカウンター保守契約が一般的で、毎月数千円から数万円かかるため本体価格以外にカウンター料金も含まれることも考えておかないといけません。一見料金が安い機器ほど保守料金が高くなるので、安いからと言ってよく確かめないで契約すると最終的にかなりの費用がかかるので要注意です。コピー機をリースするときは機種名や必要なオプションがわかるので、それをベースにしていくつかの販売店から相見積もりをとって信頼できる会社と契約を結んだほうがいいです。最低でも5年間は同じ業者と付き合うことになり、修理対応や追加発注なども考えると、安いだけでなく信用出来る会社を選ぶことが重要です。保守契約はリースしたコピー機の定期的なメンテナンスや、トラブルが起きたときに修理をしてくれるサービスです。

一般的に契約した時に保守契約にも加入して、加入していると基本的に修理に関した費用は無料になって定期的なメンテナンスや修理も依頼出来ます。これは家電製品のように保証がないためで、新品でも無保証なので保守契約に加入してないと故障したときには費用を実費で支払うことになります。ただ、リースのコピー機でも修理は割と多く費用が大変高額になることもあって、実費で支払いを続けるにはコストがかかりすぎます。修理だけその都度請け負う業者も少なく使いたい時に壊れてしまったときのリスクも高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *