コピー機をリースするメリットとデメリット

会社にコピー機を設置するとなると、購入するのかレンタルするのか、またはリースするのかというのを迷われる方もおおいのではないでしょうか。

それぞれメリットやデメリットがあるので、自分に合わせた方法を選ぶことで、よりお得にコピー機の利用が出来るようになります。リースの最大のメリットともいえるのが、支払いを経費扱いに出来るということです。また月額料金が一定のため、1年間でいくら支払いをしなければいけないのかというランニングコストの把握がしやすくなります。そして購入したのとは違い、所有権は実際にはリース会社にあるので、固定資産税などの支払いが発生しないというのも、メリットの一つと言えます。また初期費用なしで始められるというのも、大きなメリットと言えます。

逆にデメリットと言えるのが、途中で解約ができないということです。会社にもよりますいったん契約すると数年間は解約ができないシステムとなっているところがほとんどなので、途中で使わなくなったという時でも費用が発生します。メリットともなりえる所有権がないというところですが、実はデメリットにもなりえます。所有権が自分にないということから、契約期間がすぎてまだ使いたいという場合でも、急に使えなくなるということが全くありえないわけではありません。メリットやデメリットを正しく理解して、自分に合った方法でコピー機をより便利に使えるようにしていくことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *