コピー機のリースでは保守契約も大事

コピー機は買ってもリースでも、デリケートな精密機器で環境によって違いますが、湿度や気温変化で紙が詰まったり定期的なメンテナンスをしないと印刷に黒い筋などが出て何かしら不具合や故障などが起きます。

トラブル改善には専門知識や技術が必要で時間や手間、お金もかかります。簡単な紙詰まり程度なら解決出来ますが、エラーコードが出たりすると修理業者に依頼するしかなく、本体価格も業務用だと100万円以上もして部品もかなり高いです。そのためコピー機のリースでも保守契約結んで、定期的なメンテナンスや修理などを無料または安価で受けられるにします。不足な事態が起きて出費を減らすためにも保守契約は重要です。ちなみにコピー機のリースでは印刷速度によって保守契約の内容や金額が違い、よく使うほど故障頻度も上がってトナーの消耗が増えるため、カウンター保守契約と印刷速度が速い機器が最適で、あまり使わないなら使わないときは費用がかからないキットトナー保守契約と印刷速度が遅い方が向いてます。この基準は月間印刷枚数が500枚が目安です。

基本的に保守契約はいつでも任意の時期で解約は出来ますが、これも販売店で違い契約書を確認したほうがいいです。また、用紙何枚無料のサービスもありますがこれも販売店が独自のサービスで行っていて、保守契約にはありません。一見お得に感じますが紙代は無料ではないのでどこかでその費用がプラスされている可能性もあり、料金の内訳をよく確認したほうがいいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *