コピー機の価格を抑えたいのならリース

コピー機を導入する方法には、リースの他に購入やレンタルがあります。

それぞれメリットデメリットがありますので、自分にあった方法を選ぶことが大切です。リースの魅力は同じ機種を使い続けることで、月額利用料の単価を下げることができる点です。そのため一度に支払うコストが高い購入や長期使用になると利用料が高くなっているレンタルよりも、お得にコピー機を導入できるメリットがあります。コピー機リースは、専門の会社に依頼をすることで行えます。リースはレンタルとは異なり審査に時間がかかりますので、導入したい時期が決まっている場合や急ぎのケースでは早めに依頼をすることが大切です。審査の中には1日あたりどの位の印刷量が必要なのか、カラープリントは行うのかなどの質問もありますので、予め調べておくとスムーズです。初めてのコピー機導入で見当がつかない場合などは、そのことを伝えるとどんなものがあっているのか調べてもらう事もできます。

コピー機リースのデメリットは長期間の間同じ機種を使い続けるため、新たな機能をもった機種に変更したいと思った時には違約金を支払うか契約満了まで待つ必要性がある事です。逆にモノクロ印刷しか使わないなど、一つの機能が使えればよい方に関してはコストを抑えて利用できる方法となっています。新品の機種が格安で利用できる、経理処理を全額経費扱いできるので事務的な意味でもおすすめできる導入方法ですので、参考にしてみて下さい。
コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *