コピー機をリース利用するときのポイント

初めてコピー機や複合機を導入するときに、リース、レンタル、購入のどれがいいのか悩む人が多いと思います。

料金も大きく変わってくるので、それぞれ期間と目的にあってるかが重要です。ここではリース利用のポイントについて紹介します。コピー機や複合機の使用料金は、契約期間はもちろんですが、印刷速度、カウンター、カラーかモノクロかによっても変わってきます。契約期間は3年から最長6年が多く、どのリース会社も搬入~撤去、メンテナンスまで一括して請け負ってくれるのが一般的です。契約には審査が必要であり、会社と代表者にローンやクレジットカードに滞納や利用停止がないことと、会社として経営できている事が前提です。

審査が通れば、個人事業主やフリーランスの方も利用できます。新しく起業した場合は、経営を証明するために「開業届出書」や「賃貸契約書」などの書類が必要になることもあります。また、大企業を経営している場合を除いて20代前半や70代では支払い能力の判断が難しいので、連帯保証人が必要になる場合もあります。

コピー機のリース利用は導入も簡単で、購入する場合と比べると費用も抑えられ、コストも把握しやすいですが、契約会社によっては途中解約できないところもあるので注意が必要です。1周間から1か月程度であればレンタル、3年使用する場合はリース、大企業などで永く使用する場合は一括購入など、それぞれのメリット・デメリットや特徴を比較検討して選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *